Img_ade7c2bdaf2e2da19e5d6c67d920ca22
座敷での手織り講習
Img_5974118ab34f6d907abff38bb38bb9a2
その2
12月12日大雪の米沢で手織り講習をやりました。毎年一度「青空たけのこ保育」の親たちを対象に無料の手織り講習をやっています。この幼稚園は、本来福島市にあるのですが、原発事故の後、安心して外で子供たちの活動をさせるために毎日45km離れた米沢に子供たちを連れてきています。「朝来て、夕方に帰る」ということを毎日やっています。

「福島市の放射能はもう何の問題もない」と政府も県も言っていますが、子供を持つ親にとっては「大体OK]ではなく「自分の子供にとってOK]でなくてはならないので、安心できる場所に移動することは大事に思えます。この幼稚園を運営する辺見さんと出会ったのは原発事故をきっかけとしてですが、「子供たちにできるだけ外遊びや体を動かしてやる活動をやらせながら保育をしたい」という協賛しています。米沢に避難して暮らしている若い親たちの負担を少なくするように、保育費はできるだけ寄付で賄っていこうとしています。そのためバザーなどもときどきやっています。私は自分の子供たちの世代の若い親たちを激励するために、年に一度手織り講習をやっています。

12月の米沢は降雪の心配があるので、できるだけ11月にやることにしていたのですが、今年はフランスに行っていたので、時差ボケが終わる12日に予定しました。

悪い予感が的中して、12月12日は大寒波来週の天気予報。12日の朝出かけて、夜は米沢に泊まり、13日帰宅する計画でした。我が家から米沢までは150km。途中に新潟ー山形県境の豪雪地帯があります。心配になったので11日の夜急遽米市内のホテルを予約して、午後新潟を出ました。山形の県境を越えたころから雨が雪に変わりましたが、積もるほどではありませんでした。

一夜明けて、ホテルの駐車場に停めてある愛車の屋根には20cmの積雪。12日は一日中雪が降り続けました。私は、まだ道がついていない農道を突っ切って「たけのこ」の玄関に車を付けました。福島からマイクロバスでやってきた園児や親たちも雪の中を無事到着。新潟の私は多少の雪には驚きませんが、福島市から来た人たちにとって、米沢の雪は驚きのようです。

今年の手織り講習受講者は6人。昨年参加者が4人。初めての人が2人。みなさん手織りを楽しんで、午後4時半全員150cm完成。雪はまだ降り続いていました。

12日は米沢市内に泊まって、13日旧知の機屋さん2軒によって、帰還。県境まではがたがた道だったのですが、「新潟県」の看板を通り過ぎてからは目に見えて雪の量が減り、道路には雪なし。山形県の中でも米沢、置賜地方は豪雪地帯のようです。この日新潟県でも十日町、魚沼地方に大量の雪が降ったようです。十日町市は一日で90cmの降雪だったようです。

これで今年の予定は終了。あとはひたすら毛糸巻きをします。
11月30日成田空港に着きました。昨夜は東京に泊まって、これから新潟に帰ります。さすがにちょっと時差ボケで朝は体が重いですが、おつとめにいくわけではないので、元気な時間に働いて、眠くなったら寝るようにしながら調子を戻します。

昨年から年2回フランスに行くようになりました。春は4週間、秋は2週間。行くたびに新しい知己が増え、人に会う予定が増えてきました。友人たちは「もっと長くいろよ」と言ってくれるのですが、体力の関係で滞在は4週間が限度です。特に食事はだんだん重く感じるようになり、軽くて香りがよく、歯触りのいい日本食から長く離れるのはきつくなりました。フランスでも日本食は大人気です。

今回お土産に滞在先の近所のパン屋さんからいろいろなパンを買ってきました。5年位前からフランスのパンはとてもおいしくなりました。どのパン屋さんも地元産の小麦を使ったり、伝統的な製法を取り入れたりして、おいしいパン作りをしています。フランスへ行く機会がありましたら、ぜひ町のパン屋さんのパンを買ってみてください。

さあ、明日から1月のキルトフェステイバルにむけて、手巻き毛糸づくりに励みます。
27日(月)日帰りでパリに行ってきました。といっても観光をしたわけではありません。「ドガ」の展示会は28日からだったのでダメ。午前10時にパリのリヨン駅(リヨン駅はリヨンにはありません)について、藍染研究者&作家のBettyさんのお宅に行きました。彼女は東洋語学校で日本語を学んで、長い間通訳ガイドをしていたのだそうです。話は織や染の専門的な話になったので、日本語で話せるのは助かりました。

お昼に季節の「ポワローのタルト」と「マーシュとベトラーブ」のサラダをごちそうになり、来年4月の「欧州アートの日」に自宅で行うイベントに参加する約束をしました。パリは雨で、今年一番の寒さでした。気温1度。

3時から陶器やテーブルリネンなどの絵の作家Brigitteとソルボンヌの教授をしているMichelのお宅に行き、最後はリヨン駅で弟分のEmmanuelと夕食。20時発のTGVでリヨンに帰りました。ちなみに帰り着いた駅の名前は「リヨン パール デユー」いつもの通りGuyが迎えに来てくれて、無事帰宅。ながい一日でした。

28日は荷造り。

来年春の予定もほぼ決まり。11月のギャラリーも予約しました。あとは健康を保つだけです。今回、昨年毛糸を買った人、手織りにマフラーを上げた人たちから「一度首に巻いたらやめられない」と手巻き毛糸の作品に対する感想をもらいました。徐々にユーザーが広がっていきます。
Img_66744d67f2e811b0137449f37fca7ad5
手織り講習
Img_58d4c6eff94213c52a6bc6d654c19b6d
ガレージパーテイのギタリスト
Img_d18997ebdb051b121ce6263e369d189c
ジュヌヴィエーヴのレース
24日(金)に手芸店での展示会を終えて、25日は滞在先の友人宅のガレージで、昼は手織り講習、夜は大パーテイをやりました。講習受講者は4人。2人はなんとか完成。2日は後日残りを織に来ます。

夜はギタリスト6人をそろえた大パーテイでした。午後6時に始まって、終わったのが11時。この家の娘たち(2人とも子持ち)が歌手をやって、大盛り上がりでした。

私は朝からずっと付き合っていたので、さすがに疲労困憊でした。
Img_48718e86486c1cb327e4404354ef7693
マリソル調理中
Img_f134cd19b27cedf6339863a2b02ab328
お母さん直伝のパエリア完成
Img_981daaf3133efc44f111a12142296a43
オレンジのフラン
26日(日)の昼は、手芸店のオーナーのマリソルの家に3人で御呼ばれに行きました。かようににスペイン料理屋へ行こうと思い、スペイン出身の彼女にどこのレストランがいいか聞いたのですが、「私が作ってあげる」といって自宅に呼んでくれました。いつもの3人組(Guy,Denyse&私)でギターを持ってでかけました。
スペインでは地方によって、家庭によっていろいろなパエリアがあるのだそうです。マリソルの家ではチョリソ(サラミ)は入れないのだそうです。ボリューム満点、とってもおいしかったです。デザートはオレンジのフラン。甘さを抑えたものでした。

12時にお邪魔して4時間食べながらおしゃべり、2時間またもや大演奏会。お宅を後にしたのは6時でした。土曜日からテンションあがりっぱなしでした。疲れた!!!!!!

27日(月)は急遽パリ日帰りをすることになり、3人にあってきます。
Img_3778c64a1ca21f3626a06143adc58c14
Salon de Broderie a Tour de Salvagny
Img_b18ebd894b2628232d89aa11d2bd7e29
Avignonの古道具市
Img_9d760e9b93d164a237583a25d6881456
Courthezonの仲間たち
「2k540」での展示会を終えて、後始末、秋の草木染作業、リヨンでの展示会のための準備、庭の越冬準備をあわただしく終えて、11月12日夕方新幹線で東京へ行きました。11月13日成田空港からブリュッセル経由で18時にリヨンに着きました。

14日はRoanneへガラクタ屋を見に行ったのですが、ネット上では営業していると書いてあるのに、行ったらしまっていました。ただし、道中おいしくて安いレストランを発見。

15日(何をしたか忘れました)夕食にボージョレーのワイナリーの兄弟夫妻を招きました。二人とも去年で引退して、あとは在庫を売るだけになりましたが、客と生産者の関係を離れて、友人として付き合っていきます。友人がつくったというヌーボーを2本持ってきてくれました。

16日(木)ボージョレーヌーボーの解禁日でしたが、私は南のAvignonへ。朝6時半のTGVに乗り、7時34分Avignon TGV駅に到着。気温零℃。幸い名物の強風は2日前に止んだそうでした。8時から始まる古道具市を冷やかそうと思っていたら、生鮮市場が広場の前にあり、Cote du Rhone Primeurのイベントをやっていました。朝から一杯飲んで、古道具市で鋏を買いました。布雑貨を売っているところのテーブルに1本だけワインが置いてありました。私が長年買っているボージョレーのワイナリーの1989年産のワインでした。30ユーロだといったので買いませんでしたが10ユーロだったら買ってプレゼントしようと思いました。この日はお昼をCourthezonの友人宅で捕り、雑談して、法王庁をみて、リヨンに帰還。

17日(金) 朝、手芸店に行って、展示の最終打ち合わせ。お昼は市内の友人宅でごちそうになり、3時から一時間、旧友のChristineとカフェで雑談して、帰宅。GuyとDenyseがカレーを食べたいというので、冷蔵庫に残っていた牛肉でビーフカレーを作りました。私は、コシヒカリの新米で炊いたご飯があるので、カレーはパス。

18日(土) Tour e Salvagnyでの刺繍のイベントにお手伝い。オートサヴォワに住んでいる日本女性が、鮮やかな日本風綿プリントを売っていました。旧知の人たちも結構いて、いつもの日本でのイベントと同じ感じです。昨年一緒に展示会をやった編み物作家のOliviaも友人のブースの手伝いに来ていて、相変わらずアルミ線でクラゲを編んでいました。(これがよく売れるのです)東京ドームのキルトフェステイバルに出展している刺繍の糸のお店も出ていて、いろいろと話をしました。
朝はGuyが車で送ってくれたのですが、帰宅は自力。バス停まで20分登り坂を歩き、バスの時間まであと2分でバス停に着こうとしたら、止まっていたバスが2分前に発車。目の前で無視されて怒り心頭!!!30分待って、マルセイユから刺繍店に来たというプロヴァンスなまりの女性と雑談しながらようやくバスに乗れました。

あちこちで乗り換えて4時友人宅のある坂道の下までバスで到着、そこから急な坂を15分くらい歩いて、ようやく帰宅。しばらくさかのぼりをしていなかったので、かなり疲労しました。一日はまだ終わりません。

19時、友人夫婦とDenyseの両親、私の5人でGuyの幼馴染とその息子の誕生祝に行きました。息子のほうは重度の心身障害者です。私たち5人と家族、もう一人料理上手のおばちゃまがそろって、10時半ころまでパーテイをしました。帰宅は午後11時半。ベッドは速攻。5分後には寝てしまいました。なが~~い一日でした。
11月13日午後6時(現地時間)15時間かかってリヨン サンテクジュペリ空港に着きました。ようやくついてほっとしたのもつかの間、パスポートコントロールに45分かかってしまいました。テロがなかったときは、コントロールはなかったので、そのまま出口へ直行でした。去年からコントロールが復活して、徐々に厳しくなってきました。

出口には友人夫婦がいつもどおり迎えに来てくれました。彼らの家にいるときは、新潟の自宅にいるときよりも暮らしやすいのです。食事は作ってもらえますし、洗濯もアイロンかけも通いの家政婦さんがやってくれます。郊外に住んでいるので、出かけるときは送ってもらうのですが、主人のGuyはもうリタイアしているので、私の運転手をしてくれます。

家にいるときは材料がたくさんあるので、つい体を使った仕事をしてしまうのですが、こちらに来てしまえば値札つけくらいしかすることができません。いろいろな計画をゆっくりとかんがえ
展示会の準備のため、ブログを更新する時間と体力がありませんでしたが、会期もあと3日になり、ようやく余裕が出てきました。

東京 上野(秋葉原駅と御徒町駅の中間)の「2k540」で行っている秋の展示会は、初日「木枯らし1号」が吹いたためとても寒かったのですが、熱心なお客様が来てくださって、お昼を食べたのが午後4時半という状態でした。

2日目(10月31日)は幾分和らいで、のんびり接客ができました。それでも帰るときはぐったり。今回は2日やって1日お休み。後半1日平日、3日休日なので、前半に売り上げ、後半おしゃべりのないそうです。おかげさまで2日間で経費は賄えたので、後半はのんびりやれます。3日からは作品を展示しに来てくれる人たちがいるので、接客にも余裕が出ます。

今回は完全に糸主体で、あらゆる種類の糸をほとんど持ってきています。10月に盛んに染めた「草木染」の糸もたくさん持ってきています。桑の葉、セイタカアワダチソウ、栗のいが、が10月の染色材料です。「藍の生葉」は7,8,9月に染めました。こちらは夏でないと染色できません。草木染は、季節を追って材料が変わっていきます。おかげさまでそれぞれに好評です。

これが終わると、13日からフランスに行きます。11月21日から24日までいつものリヨンの手芸店で展示会をやります。30日に帰国するまで電話は通じません。メールは毎日チェックしています。

12月、1月は例年通りキルトフェステイバルに向けて毛糸巻作業にはいります。今年は1個、2個を初めて買った人が多く、購入者は倍増しましたが、数量は横ばい程度でした。イベントではたくさんの人たちに知ってもらうことも大事な目的なので、いい傾向だと考えています。おまけに年々体力が落ちてきて、すべて手作業の「手巻き毛糸」の生産量も落ち気味です。原材料の値上がりもあり、来年1月から消費税分の値上げをします。早めに帰る人は今年中に買っておいてください。

今日も1日 頑張ります
Img_49673475ab0ecf8d9b64aecc2ec8abb5
桑の葉で染めた細い絹糸
Img_385b10294574ab5ca1cf9dc3eac91da3
藍の生葉で染めた絹糸
Img_28c714d022c3f744f4f544b14ed429f1
セイタカアワダチソウで染めた絹糸
5日に池袋でのイベントを終えて、埼玉の朝霞に泊まり、翌日から軽井沢の発地市庭で展示会。展示会といってもお店をやっていた時の常連のお客様との交流が目的です。一応会場費と宿泊費くらいお買い上げいただきました。軽井沢には直接のお客様以外にいろいろと協力し合っている人たちがいます。その人たちと朝晩あって話をしました。普段は電話やメールでの会話なので、たまに顔を合わせるのは大事です。

8日(日)前日安中のビジネスホテルに泊まり、朝、前橋の友人のところで雑談。10時に前橋を出て、13時に茨城の稲敷の知り合いの家に到着。圏央道ができたのですが、どこから入ったらいいかわからず、結局東北道の館林から高速に入りました。結構走った!!!!!

稲敷の友人宅でお昼をごちそうになり、ご夫婦と雑談5時間。18時にお暇して、茂原の弟の家に行きました。1日の朝、新潟を出てから1週間の大遠征でした。

9日は休養日にしていたのですが、買い物に出たついでに「そうだ!一宮でとんかつを食べよう」と思いつき、一宮海岸まで車を走らせました。ここには2軒、お気に入りのとんかつやさんがあるのです。180gのとんかつを食べ、大満足。けれどあんまり休養しなかったので、結構疲れていました。

10日(火) 「2k540」で一日だけの絹糸展示会。北欧からの30人の編み物愛好家の団体のための展示会です。午後3じころどっと来て、あっという間に買っていき、次の目的地に去っていきました。鯵や鯖などの回遊魚の魚釣りのようでした。よってきた瞬間だけが勝負のチャンス。

染めためていた絹糸の草木染をたくさん買って行ってくれたので、好評価に大満足でした。

11日新潟に帰宅。疲労のため大した仕事をせず。16日(月)から本格的に糸作りを始めました。今度の展示会をお楽しみに。
10月3,4,5日池袋サンシャインのワールドインポートマートで行われたキルト&ステッチショーが終わりました。シーズン初めなのでまだこちらも調子は出ませんが、なんとか赤字にならず乗り切ることができました。

初日1万人、二日目5000人と、昨年よりずっと来場者数は多かったようです。まだ季節がら毛糸はあまり売れませんでした。主体はウール、シルク/ウールのストールバーゲン。糸では絹糸の草木染が予想通り好評でした。

糸の方は、10月30日から始まる秋の販売会に来ていただける人が、かなりいましたので、期待ができます。

5日に朝霞市のホテルに泊まり、6日軽井沢へ。6,7日と軽井沢発地市庭の会議室で展示会です。こちらはもう気温10度。温度差のあるところの移動は堪えます。それでも旧軽井沢時代からのお客様もおいでいただいて、年に一度の交歓を楽しませてもらっています。
Img_7a253f5f0e831e9a37026f5746016ff6
ワインの出店
Img_2e0ee5fa08669a86eaa605ffe281767f
庭でピクニック
Img_35d09b91fec0b373475b47c3d6b96844
ギャレットの出店
何十年ぶりに市ヶ谷の東京日仏学院(いまは名前が変わっているようです)に行ってきました。レストランで昼食をと思ったのです。行ってみたらちょうどお祭りをやっていました。ワインやお菓子の出店。ギャレットやラクレットなどのテイクアウトの出店がでていて、にぎわっていました。

大学3年から約2年半週2回ここに通いました。1972年から74年の7月まで。73年に習った1歳年上の先生カトリーヌとはいまも交流しています。

この日は混んでいましたが、普段は落ち着いたレストランです。お昼の定食が、デザート&コーヒー付きで¥2850.グラスワイン¥500 さすがにちゃんとした味のワインがでてきます。庭のテーブル席もあるのでぜひ一度お試しあれ。