Img_3778c64a1ca21f3626a06143adc58c14
Salon de Broderie a Tour de Salvagny
Img_b18ebd894b2628232d89aa11d2bd7e29
Avignonの古道具市
Img_9d760e9b93d164a237583a25d6881456
Courthezonの仲間たち
「2k540」での展示会を終えて、後始末、秋の草木染作業、リヨンでの展示会のための準備、庭の越冬準備をあわただしく終えて、11月12日夕方新幹線で東京へ行きました。11月13日成田空港からブリュッセル経由で18時にリヨンに着きました。

14日はRoanneへガラクタ屋を見に行ったのですが、ネット上では営業していると書いてあるのに、行ったらしまっていました。ただし、道中おいしくて安いレストランを発見。

15日(何をしたか忘れました)夕食にボージョレーのワイナリーの兄弟夫妻を招きました。二人とも去年で引退して、あとは在庫を売るだけになりましたが、客と生産者の関係を離れて、友人として付き合っていきます。友人がつくったというヌーボーを2本持ってきてくれました。

16日(木)ボージョレーヌーボーの解禁日でしたが、私は南のAvignonへ。朝6時半のTGVに乗り、7時34分Avignon TGV駅に到着。気温零℃。幸い名物の強風は2日前に止んだそうでした。8時から始まる古道具市を冷やかそうと思っていたら、生鮮市場が広場の前にあり、Cote du Rhone Primeurのイベントをやっていました。朝から一杯飲んで、古道具市で鋏を買いました。布雑貨を売っているところのテーブルに1本だけワインが置いてありました。私が長年買っているボージョレーのワイナリーの1989年産のワインでした。30ユーロだといったので買いませんでしたが10ユーロだったら買ってプレゼントしようと思いました。この日はお昼をCourthezonの友人宅で捕り、雑談して、法王庁をみて、リヨンに帰還。

17日(金) 朝、手芸店に行って、展示の最終打ち合わせ。お昼は市内の友人宅でごちそうになり、3時から一時間、旧友のChristineとカフェで雑談して、帰宅。GuyとDenyseがカレーを食べたいというので、冷蔵庫に残っていた牛肉でビーフカレーを作りました。私は、コシヒカリの新米で炊いたご飯があるので、カレーはパス。

18日(土) Tour e Salvagnyでの刺繍のイベントにお手伝い。オートサヴォワに住んでいる日本女性が、鮮やかな日本風綿プリントを売っていました。旧知の人たちも結構いて、いつもの日本でのイベントと同じ感じです。昨年一緒に展示会をやった編み物作家のOliviaも友人のブースの手伝いに来ていて、相変わらずアルミ線でクラゲを編んでいました。(これがよく売れるのです)東京ドームのキルトフェステイバルに出展している刺繍の糸のお店も出ていて、いろいろと話をしました。
朝はGuyが車で送ってくれたのですが、帰宅は自力。バス停まで20分登り坂を歩き、バスの時間まであと2分でバス停に着こうとしたら、止まっていたバスが2分前に発車。目の前で無視されて怒り心頭!!!30分待って、マルセイユから刺繍店に来たというプロヴァンスなまりの女性と雑談しながらようやくバスに乗れました。

あちこちで乗り換えて4時友人宅のある坂道の下までバスで到着、そこから急な坂を15分くらい歩いて、ようやく帰宅。しばらくさかのぼりをしていなかったので、かなり疲労しました。一日はまだ終わりません。

19時、友人夫婦とDenyseの両親、私の5人でGuyの幼馴染とその息子の誕生祝に行きました。息子のほうは重度の心身障害者です。私たち5人と家族、もう一人料理上手のおばちゃまがそろって、10時半ころまでパーテイをしました。帰宅は午後11時半。ベッドは速攻。5分後には寝てしまいました。なが~~い一日でした。