30日にリヨンの手芸店での展示会を終えて、31日(土)の朝、友人夫婦と南仏プロヴァンスのCarpantrasに住む私の友人宅にやってきました。彼らはFestin Coquinという陶器の芽かをやっていたのですが、一昨年会社をたたんで、新しい家を買い、一部をGite(貸別荘)に改装していました。ようやくできたというので、今回来てみることにしました。

リヨンから高速道路で約3時間南下し、途中の村で昼食をとって、3時ころ友人宅に着きました。ローズまり、ラベンダー、オリーブなどが庭に植わっていて、いかにもプロヴァンスという感じです。料金はまだ聞いていませんが、オフシーズンなら2,3日の滞在も可能です。(私と一緒なら)普段は最低1週間です。

夕食は近所にいる友達を呼んで8人で夕食。フランス人はよくしゃべります。何人かでいて全員黙っていることはありません。食事のときは特に会話をすることが大事なので、話が途切れることはありません。みんなが勝手にしゃべっているので、だれの話を聞くかは、よく考えないといけません。大体大したことは話していないので、聞いているような顔さえすれば、問題はないのですが。食事時間が長くなるので、ひたすら飲んだり食べたりしているのも一苦労です。

「私は早寝だからね」と断って、9時には寝室へ。彼らは11時ころまで話していたようです。私は6時に起きましたが、全員が起きてきたのは9時。それから朝食で、貴重な朝の時間は過ぎてしまいました。もっとも私は静かに仕事ができたので大助かりです。

1年かけて自分たちで改装したというGiteはとても感じがよく、おすすめです。サイクリングコースがあちこちにあるので、車がなくても天気さえよければ楽しめそうです。

昼食をここで食べて、リヨンに戻ります。今日は復活祭の祝日。ほとんどの家族が集まって会食していると思います。フランスでは何かにつけて一族が集まります。戦前の日本のようです。