Img_660afa9481a9d04651d5a02c63380af9
三つ葉のBaby
Img_da454827cd6b84f70033a61fea8144e8
庭のふきのとう
Img_ecf9f5caee086c0927f36cbdca462934
anderspinの草木染シリーズ
寒かった新潟にもようやく春がやってきました。今年はずっと気温が低く、雪も多かったのですが、ようやく春めいてきました。14日にはふきのとうの初収穫をしました。「みつば」大好きなフランスの友人から便りが来たので庭を見てみたら、三つ葉の赤ちゃんが芽を出していました。昨年8月に種を播いたサラダ菜類も頑張っていて、毎日新鮮なサラダを提供してくれます。

でもそれも明日まで。日曜日には成田に泊まって、19日(月)の朝、フランスのリヨンに向かいます。4月18日まで(帰国は19日です)一か月滞在してきます。その間手芸店での展示会2か所、イベント参加2か所と内容一杯の旅行になります。

友人たちの家に招かれての昼食、夕食が入りますから、気が付いてみたら何も予定のない日が5日だけになってしまいました。フランスの夕食は午後8時からです。夕食に招かれると、帰宅は午前零時になってしまいます。早寝早起きの私には、午後8時から11時の夕食は過酷です。昨年からは夕食のお誘いはできるだけ避けるようにしています。その分週末のお昼の予定はほぼ埋まりました。

今回は初めてパリでのイベントに参加します。藍染の工房でのイベントですが、私は草木染の糸と刺繍用の絹糸で参加します。日本ではまだお客様は多くないのですが、フランスでの活動では、刺繍やレース編み用の絹糸が主力です。もともと刺繍やレースはヨーロッパのものなので、やっている人も多いようです。小さなかせを作るのは大変ですが、小さくて軽いので運んでいくには便利です。

手巻き毛糸は徐々に評判を上げています。昨年手巻き毛糸を買ってマフラーを編んだ人たちから驚きのコメントをもらっています。ただ、体力的にも国内販売を減らそうとしている時期なので、フランスでの販売拡大は考えていません。今回もリヨンの友人宅においてある分だけの販売で、新しいものは持っていきません。

帰国後すぐにスプリングマーケットにでますので、フランスでの様子をご報告できるでしょう。
Img_782387dd86f0019c5dc13c4cade70c7f
今年の初収穫
Img_106e6c786f63219512d3c6232485eb35
まだまだ雪! 雪!
Img_9bdbba0355d0fd85032fc89fe4a36640
頑張ってます!!!!
いつもは2月中旬から雪をかき分けてサラダ菜の収穫をするのですが、この冬はことのほか降雪が多く、現在もまだ30cmほど積雪があります。それでも日差しが春めいてきたので、畝の掘り起こしをしました。8月に種まきをし、9月に定植をしたサラダ類は元気に寒さに耐えています。これから気温の上昇とともに一気に成長が早まります。
Img_60fe6154c602e90587e9d51e4e79476f
さんごじゅで染めたアンデルスピン
先週からサンゴジュ、銀木犀&金木犀でいろいろな糸を染めています。最終の「春の展示会」でお客様にご覧にいれます。
Img_697bede1620ecb15407fcbcdc404ed39
「伝統手織り 遊雅グループ」
Img_fd98025a247eb5c11992fad0901d9112
札幌「浪漫屋」伊藤さん
Img_82bfb1aaebcc7890d477a6ec679eac44
後ろのブースの吊るし雛作家
2月15日から18日、毎年個人で参加している福岡の手作りフェアに行ってきました。13日は新潟に春一番が吹いて福岡便は欠航。15日は幸い通常運行でした。新潟を出たときは2度。福岡11度。あったか~い。
イベントは、例年通り。2000年から出展しているのですが、毎年の売り上げはほとんど変わらず。常連の方や旧知の出店者たちとの年1回の交流のほうが目的のようになってきています。九州はなんとなく人々が明るく活気があるので、話をしていてもとても楽しいのです。

今年は遠方からやってきた知り合いも多く、2日目などは販売より雑談に費やした時間のほうが多かった気がします。

最初にこのイベントに参加した時は「ハーボード」として単独出展していたのですが、母の介護で一時中断した後は「伝統手織り 遊雅グループ」の先生たちの仲間に入れてもらっています。ひとりで出ているよりも仲間がいるのは楽しいし、頼りになります。

会場を回っていたら旧知の札幌「浪漫屋」の伊藤さんが出ていました。私たちの後ろのブースには鹿児島からやってきた「つるし雛」作家の女性がでていました。数年前からいつも背中合わせの出展です。細かい仕事で、作品の精巧さに感心しています。

18日(日)朝8時の便で新潟に帰ろうとしたら「悪天候のため成田に行くか引き返す可能性があります」と言われて搭乗しました。幸い無事新潟空港に着陸でき、まっすぐ帰宅できました。着陸時の気温マイナス1度。今年の新潟は以上に寒い。

19日(月)朝も雪が降ってきました。通勤、通学をしていないので雪が降ってもそれほど不自由はしていません。雪が減ったら庭に植えてあるルッコラやエンダイブを採りに行きたいのですが、まだ50cmほど雪が積もっています。このままいくと食べるチャンスがないままフランスに行くことになるので、雪が減って掘ることができるチャンスを狙っています。
Img_29eec08bbb37aab6f6f41a05bdc39e35
2018 ハーボード&みりで
Img_3f7055b1799055f40a6015f56fa4acf3
店主 古野間
Img_bf5fc1fd0684ec90a6ab038bfa34f4db
札幌コンサバカフェ 店主 松藤
2018年東京国際キルトフェステイバルは1月31日無事終了しました。搬入前日の1月22日東京に大雪が降ったり、期間中全国的に異常な寒波が居座ったりで、悪条件満載でした。イベントの来場者も少し減ったようでしたが、スタッフ一同の頑張りでなんとか乗り切りました。

昨年から手巻き毛糸の太糸は、帽子やマフラーを編むための1,2玉買いが多くなりました。一方、セーターやベストを編む人は、細糸に集中するようになり、こちらの売れ行きは好調でした。ただ、細糸は作業量が多くなるために、今回は時間切れで思い通りの量を持っていくことができませんでした。来年は早めに生産に取り掛かろうと思います。

2月は16,17日福岡での「手作りフェア in 九州」に行きます。こちらは佐賀の織物の先生たちの仲間に入れてもらっての参加です。「伝統手織り 遊雅グループ」

3月は5日(月)~10日(土)まで上野の「2K540]で展示会です。7日(水)は会場が定休日なのでお休み。11日(日)は早めに撤収しますので、本格営業は10日(土)までです。

4日(日)5日(月)とも新潟は雪でした。しばらく降っていなかったようで、4日に帰宅した時は20cm位の積雪だったので、楽に家に入れました。4日の昼から家の入口に井戸水を出して雪は融かしました。井戸水は暖かいので、便利です。2月は一年で一番寒い季節です。それを超えれば「春」がやってきます。

キルトフェステイバルの疲れもようやく取れました。4月末までもうひと頑張りします。
今日から東京ドームへの出荷開始です。今回は300kg持っていく予定です。すでに25kgの荷物を8個作りました。主力の手巻き毛糸は完ぺきに準備できました。スカーフ&ストールもOK.あとは綛糸を選んで、荷造りをします。今年は「糸」を前面に出します。細かい生地や雑貨は4月の「スプリングマーケット」のときに販売することにします。その分いままで少ししか持って行っていなかった織物用の糸、刺繍や刺し子用の糸を多めに持っていきます。

毛糸巻作業のためパンパンに張っていた左の体側も、毎日整体に通った効果があっていくらか楽になりました。これから休養を取って本番に備えます。

ここから4月28日まではイベント続きです。休養を取りながら頑張ります。5月になればゆっくり休めます。
Img_cf2e2c6dede39c7da7fbbb3f056d624f
Img_889189251f251f9fba5acab268b01017
Img_75fe05ea58aaa35c4a0a7dcda255adca
12月初めからやっていた手巻き毛糸づくりは、ようやく予定量の生産を終えました。連日長時間同じ作業をやっていたので、体の左側が固まってしまい、痛みのために毎日整体に通う羽目になりました。2000年から17年毛糸づくりをやってきましたが、そろそろやり方を変えないといけないと痛感しました。おかげさまで国内でもフランスでもこの毛糸は好評で、お客様が徐々に増えてきています。この冬から春にかけてはなんとか対応できそうですが、この秋からのシーズンに関しては同じ形ではいかないと思います。デザインは自分でやっていきますが、肉体労働を担ってくれる人を探していくことになるでしょう。商品の性質上、機械化はできません。

今年のキルトフェステイバルでは、主力の手巻き毛糸のほかに織物用、刺繍用、刺し子用の綛糸も例年より多めに持っていく予定です。その分生地は少なくなると思います。これに関しては4月に「スプリングマーケット」がありますし、こちらへの出展も決定しています。

昨年好評だったフランス、イタリア製のスカーフ&ストールの¥3000、¥5000販売も行います。ご期待ください。

2月には福岡での「手作りフェア」への参加。3月5日から「2K540]で春の展示会を行います。3月中旬から4月中旬までフランスに行き、展示会やイベント参加をしてきます。
新しい年が始まりました。昨年12月1日にフランスから帰国してから、ひたすら毛糸巻をしてきました。おかげさまでようやくキルトフェステイバルで販売するために十分な量の生産ができました。これからはゆっくりと色合いを考えて、複雑な配色をゆっくり作っていきます。

12月中旬から体の左側の筋肉が痛くなり、朝まだ体が温まってこないときには、椅子に座ったり、前かがみになることができませんでした。今日整体院に行って治療を受けました。体の左側が鋼のようになって固まっていたそうです。治療を受けていくらかよくなりましたが、来週は毎日治療に通います。

手巻き毛糸はとても好評でありがたいのですが、1日7時間も8時間も同じ態勢で作業するのはさすがに体に良くないようです。今年は秋に向けて体に負担の少ない生産方法を考えていかないといけないようです。

手巻き毛糸100g巻は今年から1玉 700円に値上げします。といっても消費税分をいただくという意味です。原材料費も上がってきましたので、しかたがありません。ついでにいままでやっていた6個購入の際の割引もなしにしました。体力の衰えで、作業を手伝ってくれる人が出てこない限り生産量も減らしていくことになるでしょう。フランスでも徐々にこの毛糸の良さが認識されてきて、販売量が増えてきていたのですが、11月末に帰国する際、キルトフェステイバルで販売するために、一旦全部の在庫を持ち帰りました。

このサイトでの通販は、担当者の子育て支援のため細ぼそとやってきましたが、今年から本格的に再スタートを切ります。いままでの手巻き毛糸以外にも取扱いアイテムを徐々に増やしていきます。ご期待ください。
Img_ade7c2bdaf2e2da19e5d6c67d920ca22
座敷での手織り講習
Img_5974118ab34f6d907abff38bb38bb9a2
その2
12月12日大雪の米沢で手織り講習をやりました。毎年一度「青空たけのこ保育」の親たちを対象に無料の手織り講習をやっています。この幼稚園は、本来福島市にあるのですが、原発事故の後、安心して外で子供たちの活動をさせるために毎日45km離れた米沢に子供たちを連れてきています。「朝来て、夕方に帰る」ということを毎日やっています。

「福島市の放射能はもう何の問題もない」と政府も県も言っていますが、子供を持つ親にとっては「大体OK]ではなく「自分の子供にとってOK]でなくてはならないので、安心できる場所に移動することは大事に思えます。この幼稚園を運営する辺見さんと出会ったのは原発事故をきっかけとしてですが、「子供たちにできるだけ外遊びや体を動かしてやる活動をやらせながら保育をしたい」という協賛しています。米沢に避難して暮らしている若い親たちの負担を少なくするように、保育費はできるだけ寄付で賄っていこうとしています。そのためバザーなどもときどきやっています。私は自分の子供たちの世代の若い親たちを激励するために、年に一度手織り講習をやっています。

12月の米沢は降雪の心配があるので、できるだけ11月にやることにしていたのですが、今年はフランスに行っていたので、時差ボケが終わる12日に予定しました。

悪い予感が的中して、12月12日は大寒波来週の天気予報。12日の朝出かけて、夜は米沢に泊まり、13日帰宅する計画でした。我が家から米沢までは150km。途中に新潟ー山形県境の豪雪地帯があります。心配になったので11日の夜急遽米市内のホテルを予約して、午後新潟を出ました。山形の県境を越えたころから雨が雪に変わりましたが、積もるほどではありませんでした。

一夜明けて、ホテルの駐車場に停めてある愛車の屋根には20cmの積雪。12日は一日中雪が降り続けました。私は、まだ道がついていない農道を突っ切って「たけのこ」の玄関に車を付けました。福島からマイクロバスでやってきた園児や親たちも雪の中を無事到着。新潟の私は多少の雪には驚きませんが、福島市から来た人たちにとって、米沢の雪は驚きのようです。

今年の手織り講習受講者は6人。昨年参加者が4人。初めての人が2人。みなさん手織りを楽しんで、午後4時半全員150cm完成。雪はまだ降り続いていました。

12日は米沢市内に泊まって、13日旧知の機屋さん2軒によって、帰還。県境まではがたがた道だったのですが、「新潟県」の看板を通り過ぎてからは目に見えて雪の量が減り、道路には雪なし。山形県の中でも米沢、置賜地方は豪雪地帯のようです。この日新潟県でも十日町、魚沼地方に大量の雪が降ったようです。十日町市は一日で90cmの降雪だったようです。

これで今年の予定は終了。あとはひたすら毛糸巻きをします。
11月30日成田空港に着きました。昨夜は東京に泊まって、これから新潟に帰ります。さすがにちょっと時差ボケで朝は体が重いですが、おつとめにいくわけではないので、元気な時間に働いて、眠くなったら寝るようにしながら調子を戻します。

昨年から年2回フランスに行くようになりました。春は4週間、秋は2週間。行くたびに新しい知己が増え、人に会う予定が増えてきました。友人たちは「もっと長くいろよ」と言ってくれるのですが、体力の関係で滞在は4週間が限度です。特に食事はだんだん重く感じるようになり、軽くて香りがよく、歯触りのいい日本食から長く離れるのはきつくなりました。フランスでも日本食は大人気です。

今回お土産に滞在先の近所のパン屋さんからいろいろなパンを買ってきました。5年位前からフランスのパンはとてもおいしくなりました。どのパン屋さんも地元産の小麦を使ったり、伝統的な製法を取り入れたりして、おいしいパン作りをしています。フランスへ行く機会がありましたら、ぜひ町のパン屋さんのパンを買ってみてください。

さあ、明日から1月のキルトフェステイバルにむけて、手巻き毛糸づくりに励みます。
27日(月)日帰りでパリに行ってきました。といっても観光をしたわけではありません。「ドガ」の展示会は28日からだったのでダメ。午前10時にパリのリヨン駅(リヨン駅はリヨンにはありません)について、藍染研究者&作家のBettyさんのお宅に行きました。彼女は東洋語学校で日本語を学んで、長い間通訳ガイドをしていたのだそうです。話は織や染の専門的な話になったので、日本語で話せるのは助かりました。

お昼に季節の「ポワローのタルト」と「マーシュとベトラーブ」のサラダをごちそうになり、来年4月の「欧州アートの日」に自宅で行うイベントに参加する約束をしました。パリは雨で、今年一番の寒さでした。気温1度。

3時から陶器やテーブルリネンなどの絵の作家Brigitteとソルボンヌの教授をしているMichelのお宅に行き、最後はリヨン駅で弟分のEmmanuelと夕食。20時発のTGVでリヨンに帰りました。ちなみに帰り着いた駅の名前は「リヨン パール デユー」いつもの通りGuyが迎えに来てくれて、無事帰宅。ながい一日でした。

28日は荷造り。

来年春の予定もほぼ決まり。11月のギャラリーも予約しました。あとは健康を保つだけです。今回、昨年毛糸を買った人、手織りにマフラーを上げた人たちから「一度首に巻いたらやめられない」と手巻き毛糸の作品に対する感想をもらいました。徐々にユーザーが広がっていきます。